HOME父母の活動 > 子育てパワーアップ

子育てパワーアップ

河和田幼稚園では“子どもがいる幸せ、子どもを育てる楽しみを、子育てを担う人が味わえるように”との考えで、お母さんはじめ、子育てにかかわるすべての人の子育てパワーがぐんぐんパワーアップするようにとの願いをこめて、さまざまな取り組みをしています。


2018年6月27日

食のとっても大切な お話

 「生きることは食べること」私たちは毎日食べて生きている。食べることによって成長し、同時に心も育っている。 人生90年1日3食で98550回の食事。そのうち親が関われるのは子どもが18歳までの17910回(給食除く)。 先生の話を聞くと、今、子どもの食事にとことんこだわらなくてどうする、と食事作りへのモチベーションが上がった。 正直なところ面倒だなぁと思っていたお弁当も、家庭の味を伝えることのできる大事な1回の食事。 家庭での食事の大切さを改めて感じ、日本の伝統的な食文化や「おふくろの味」を子どもに少しでも伝えていけたら・・・と前向きな気持ちになれる講演だった。

【もっと聞きたい!先生のハナシ あれこれ】
・食事の順番は、みそ汁をまず飲む。味噌やかつおだしの香りで唾液が出やすくなり、食欲アップ。
・日本には、いい発酵食品がたくさん。かつお節、醤油、味噌、つけもの、納豆、梅干しなど。どれも“ホンモノ”を使うこと!
・子どもの味覚は6才ごろまでに育つ。2才過ぎたら酸味(梅干し・酢の物など)・苦味(緑茶・紅茶など)も摂っていく。
・お菓子の添加物(タール)を抜いてくれるのは、海苔・わかめ、ビタミンC(じゃがいも・さつまいも・れんこんに豊富)。
・ブドウ糖がポンプとなり、血液を頭に送っている。米・イモ・小麦などを食事の60%と、その糖質を分解してくれる豆類・豚肉などビタミンB1を一緒に摂ることが大切。
・パンは発酵食品なので牛乳などの水分を一緒にとってもいいが、白米は発酵食品ではないので水分をとらずに食べる。
・朝は胃酸液がパンパンにたまっている。物を食べないと漏れてきてしまうので、使い切るには葉酸が必要。緑茶を飲むべし!(小松菜・ほうれん草・大根やかぶの葉・しじみ汁・納豆・焼きのり・卵黄も葉酸豊富)
・根本家の人気弁当は・・・特製のり弁。自家製のりの佃煮を中に入れ、しょうゆ&かつお節と板のりをごはんの上にポン。だしで煮た人参ちょうちょも飛ばしてね❤

根本先生

大切なことが次々と語られ
先生のお話に引き込まれました。
実物の醤油を示しながら、
見た目に惑わされずに
「本物の醤油を使ってね」と説明。

おみやげ

根本先生へのおみやげは全て手づくり!
・炊き立てのお赤飯・冷やし甘酒
バスケットの中は植物性素材のみのクッキー
・ブックカバー ・根本先生の似顔絵ハンコ

講師 根本 悦子(ねもとえつこ)先生
料理研究家 クッキングスクール ネモト主宰
ひたちなか市の醤油醸造元に生まれる。1978年にクッキングスクールネモトを設立。日本古来の食文化が失われることへの危機感から、食文化の歴史や伝統、食べ物と身体の関係をテーマに研究をすすめ、独自の考え方を開拓し、いち早く<食育>をとなえ、県内外で講演活動を行う。



上このページのトップへ戻る

イベント
講演会・ワークショップ・劇の鑑賞・コンサートなど保護者の希望も取り入れながら、企画・実施しています。親だけで、または親子で味わう楽しい経験は心の糧となっていくことでしょう。
一般公開イベントは、かわわだ幼稚園のブログで紹介します。みなさん、チェックしてくださいね!
イベントの様子    イベントの様子
子育て相談
お子さんのこと、お母さん自身のこと、悩みをひとりで抱えこまずに、ゆっくりじっくり話してみると解決の糸口が見えてきます。無料。
対象児:幼児~小学生(在園以外の方でもご利用いただけます。お電話ください)
日 時:ご希望にそって調整いたします。
スイミークラブ
在園のお子さんが、集団になじみにくかったり、保育者とのより親密なかかわりを必要とする場合にご利用いただけるものです。毎週月曜日の保育終了後30分ほど活動しています。
地球クラブ
正規の保育時間後に、お子さんをお預かりするクラブです。仕事や家庭の用事・お母さんの習いごと等でお迎えが遅くなるときご利用いただけます。急なご利用にも対応いたします。詳しくは、預かり保育-地球クラブをご覧ください。

上このページのトップへ戻る